先進国株ETFの【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信を解説!【ETF投資 2022年最新版】

今回は、【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信について解説していきます。

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信は、野村アセットマネジメントが運用する、「MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)」に連動する先進国株ETFです。

なお、より詳しくは東証が公表しているETFパンフレットを参照ください。

https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/2514-j.pdf

また、世界株ETF・先進国株ETFについては、こちらのページで解説しています。

先進国株指数に連動する世界株ETF全10銘柄を徹底解説!【2020年最新版】
「世界株ETFで資産運用したいけど、具体的にどの銘柄を選べばいいんだろう?」と、お困りではありませんか? 世界株ETFによるインデックス投資は資産運用の王道とも言えるものであり、ETF投資で最も基本になるものです。 今回は、先進国株指数に連...

 

MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)とは

「MSCI-KOKUSAIインデックス」は、日本を除く先進国の株式市場銘柄で構成される浮動株ベースの時価総額加重平均方式型の指数です。

なお、先進国株ETFの中身は、米国株が半分で、残りは欧州株などの他の先進国株が入っているものです。

つまり、時価総額加重平均型の先進国株ETFとは、GAFAMを中心とした「S&P500指数」に欧州株などの他の先進国株が入っているものと認識しておけば問題ありません。

また、当ETFは円建てによる為替ヘッジ付きETFとなっています。

「MSCI-KOKUSAIインデックス」連動型ETFは外貨建て資産のため円安ドル高になるとプラスになりますが、当ETFは円建てであるため円安ドル高になると収益がマイナスになる点には注意が必要です。

円安対策の資産としては、為替ヘッジが付いていない通常の「MSCI-KOKUSAIインデックス」連動型ETFを選択するようにしましょう。

今回見ていく【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信の構成銘柄比率は次のようになっています(2022年2月28日時点)。

銘柄名 構成比率
1 【AAPL】APPLE INC 4.91%
2 【MSFT】MICROSOFT CORP 3.82%
3 【AMZN】AMAZON.COM INC 2.53%
4 【GOOGL】ALPHABET INC-CL A 1.46%
5 【GOOG】ALPHABET INC-CL C 1.40%

 

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信のETFデータ

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信

信託報酬(税込) 0.187%
分配金 29.4円(年2回)
分配金利回り 2.45%
直近5年間の値動き +18.13%(1,012円→1,195.5円)
必要投資金額 11,955円(10口)
上場日 2017年12月11日
長期投資おすすめ度 ★★★★
流動性

※各データは、2022年9月28日時点の値。

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信は、「MSCI-KOKUSAIインデックス」を対円で為替ヘッジしたものと連動する先進国株ETFです。

2020年の新型コロナ相場以降は大きく上げていましたが、2022年は世界株安と円安の影響で大きく下げており、直近5年間では20%弱の上昇率に留まっています。

なお、円ヘッジされていない【2513】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信の直近5年間上昇率は+53.31%となっているため、円安分だけで30%以上の差が出ています。

ドル建て資産にはならない点に注意しておきましょう。

ただ、分配金利回りは2%以上と高く、インデックス型ETFでこの分配金利回りは魅力的です。

また、流動性も低いため、投資する際には注意が必要です。

 

まとめ

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信は、野村アセットマネジメントが運用する、「MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)」に連動する先進国株ETFです。

「MSCI-KOKUSAIインデックス」は、日本を除く先進国の株式市場銘柄で構成される浮動株ベースの時価総額加重平均方式型の指数で、対円で為替ヘッジされています。

【2514】NEXT FUNDS外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信は、2020年の新型コロナ相場以降は大きく上げていましたが、2022年は世界株安と円安の影響で大きく下げており、直近5年間では20%弱の上昇率に留まっています。

ドル建て資産にはならない点には注意が必要ですが、分配金利回りは2%以上と高く、インデックス型ETFでこの分配金利回りは魅力的です。