米国株ETFの【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありを解説!【ETF投資 2022年最新版】

今回は、【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありについて解説していきます。

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありは、日興アセットマネジメントが運用する、「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て、円ヘッジ)」に連動する米国株ETFです。

なお、より詳しくは東証が公表しているETFパンフレットを参照ください。

https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/2562-j.pdf

また、米国株ETFについては、こちらのページで解説しています。

ダウ平均株価・S&P500指数などに連動する米国株ETF全9銘柄を徹底解説!【2020年最新版】
「ETFで米国株に投資してみたいけど、どの米国株ETFを選べばいいのか分からない……」と、お困りではありませんか? GAFAに代表されるグローバル企業がけん引する米国市場は成長し続けており、今後も米国株は値上がり続けることが期待されます。 ...

 

ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て、円ヘッジ)とは

「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(ダウ平均株価)」は、米国を代表する30銘柄で構成される米国市場を代表する株価指数です。

ダウ平均株価は、構成される30銘柄の株価単純平均で算出され、30銘柄で米国市場の時価総額約25%を占めています。

当ETFは、為替ヘッジ付きETFです。

今回見ていく【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありの構成銘柄比率は次のようになっています(2022年2月28日時点)。

銘柄名構成比率
1UNITEDHEALTH GROUP INC8.41%
2GOLDMAN SACHS GROUP INC6.19%
3HOME DEPOT INC5.60%
4MICROSOFT CORP5.26%
5MCDONALD’S CORP4.41%

 

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありのETFデータ

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり

信託報酬(税込)0.33%
分配金29.6円(年2回)
分配金利回り1.08%
直近5年間の値動き+51.22%(1,800円→2,722円)
必要投資金額27,220円(10口)
上場日2020年3月18日
長期投資おすすめ度★★★★
流動性

※各データは、2022年8月31日時点の値。

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありは、「ダウ平均株価」に連動する為替ヘッジありの米国株ETFです。

上場日がコロナショック真っ只中であったことは考慮する必要はありますが、上場から2年半で+50%超えの上昇率となっています。

上場から日が浅い銘柄ですが、流動性も何とか及第点となっており、問題なく取引可能です。

為替ヘッジしたい場合の米国株ETFとして、問題なく運用できる銘柄と言ってよいでしょう。

 

まとめ

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありは、日興アセットマネジメントが運用する、「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(TTM、円建て、円ヘッジ)」に連動する米国株ETFです。

「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(ダウ平均株価)」は、米国を代表する30銘柄の株価単純平均で算出される株価指数です。

【2562】上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジありは、上場日がコロナショック真っ只中であったことは考慮する必要はあるものの、上場から2年半で+50%超えの上昇率となっています。

為替ヘッジしたい場合の米国株ETFとして、おすすめできる銘柄です。