国内REIT型ETFの【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートを解説!【ETF投資 2022年最新版】

今回は、【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートについて解説していきます。

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートは、日興アセットマネジメントが運用する、「日経ESG-REIT指数」に連動する国内REIT型ETFです。

なお、より詳しくは東証が公表しているETFパンフレットを参照ください。

https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/2566-j.pdf

また、REIT型ETFについては、こちらのページで解説しています。

J-REIT指数・海外REIT指数に連動するREIT型ETF全18銘柄を徹底解説!【2020年最新版】
「REIT型ETFに興味があるけど、具体的にどの銘柄に投資すればいいんだろう?」と、お困りではありませんか? ETFによるREIT投資は、少額から不動産投資が始められかつ、多くの分配金を貰えることがメリットです。また、REITに投資すれば複...

 

日経ESG-REIT指数とは

「日経ESG-REIT指数」は、東京証券取引所に上場している国内REITを対象に、国際的なESGの評価基準である「GRESB」によるESG係数を適用した時価総額×ESG係数ウエート方式の指数です。

今回見ていく【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートの構成銘柄比率は次のようになっています(2022年3月31日時点)。

  銘柄名 構成比率
1 【8951】日本ビルファンド投資法人 7.58%
2 【3283】日本プロロジスリート投資法人 6.13%
3 【8952】ジャパンリアルエステイト投資法人 5.70%
4 【3281】GLP投資法人 5.36%
5 【8953】日本都市ファンド投資法人 4.64%

 

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートのETFデータ

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリート

信託報酬(税込) 0.165%
分配金 33円(年4回)
分配金利回り 2.91%
直近5年間の値動き +15.27%(982円→1,132円)
必要投資金額 11,320円(10口)
上場日 2020年9月7日
長期投資おすすめ度 ★★
流動性 ☆(取引が難しい最低レベル)

※各データは、2022年8月10日時点の値。

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートは、「日経ESG-REIT指数」に連動する国内REIT型ETFです。

ESG型の国内REIT型ETFをうたっていますが、構成銘柄上位は「東証REIT指数」に連動する銘柄とほぼ同じとなっており、見分けがつきません。

構成銘柄が「東証REIT指数」に連動するETFとほぼ同じであるため、上場から約2年間の成績もほぼ同じです。

ただ、取引量は最低レベルで流動性リスクが大きくなっています。

流動性リスクがあるだけ、「東証REIT指数」連動型ETFの劣化としか言いようがありません。

 

まとめ

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートは、日興アセットマネジメントが運用する、「日経ESG-REIT指数」に連動する国内REIT型ETFです。

「日経ESG-REIT指数」は、東京証券取引所に上場している国内REITを対象に、国際的なESGの評価基準である「GRESB」によるESG係数を適用した時価総額×ESG係数ウエート方式の指数です。

【2566】上場インデックスファンド日経ESGリートは、ESG型の国内REIT型ETFをうたっていますが、構成銘柄上位は「東証REIT指数」に連動する銘柄とほぼ同じとなっています。

構成銘柄が「東証REIT指数」に連動するETFとほぼ同じであるため、上場から約2年間の成績もほぼ同じです。

ただ、取引量は最低レベルで流動性リスクが大きく、流動性リスクがあるだけ「東証REIT指数」連動型ETFの劣化としか言いようがありません。