アジア債券ETFの【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドを解説!【ETF投資 2022年最新版】

今回は、【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドについて解説していきます。

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポールが運用する、「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」に連動するアジア債券ETFです。

なお、より詳しくは東証が公表しているETFパンフレットを参照ください。

https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/1349-j.pdf

また、日本国債・米国国債・外国国債に連動する債券ETFについては、こちらのページで解説しています。

日本国債・米国国債・外国国債に連動する債券ETF全15銘柄を徹底解説!【2020年最新版】
「安全な国債で資産運用してみたいけど、おすすめの債券ETFはどれかな?」と、お困りではありませんか? 債券ETFは株式ETFに比べて値下がりリスクが小さく、それでいて安全に分配金を受け取ることが期待できます。 今回は、日本国債・米国国債・外...

 

Markit iBoxx ABF汎アジア指数とは

「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」は、アジア8ヶ国(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)で発行される現地通貨建ての国債及び公債の動きを示す指数です。

今回見ていく【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドの構成銘柄比率は次のようになっています(2022年2月28日時点)。

  銘柄名 構成比率
1 中国政府(満期:2024年4月11日) 1.83%
2 シンガポール政府(満期:2026年6月1日) 1.10%
3 シンガポール政府(満期:2027年3月1日) 1.10%
4 シンガポール政府(満期:2030年9月1日) 1.06%
5 シンガポール政府(満期:2024年9月1日) 1.00%

 

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドのETFデータ

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

信託報酬(税込) 0.18%
分配金 318.4415円(年2回)
分配金利回り 2.18%
直近5年間の値動き +13.22%(12,890円→14,595円)
必要投資金額 14,595円(1口)
上場日 2009年6月19日
長期投資おすすめ度 ★★★
流動性 ☆(取引が難しい最低レベル)

※各データは、2022年10月7日時点の値。

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドは、「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」に連動するアジア債券ETFです。

東証に上場する唯一のアジア債券ETFとなっています。

直近5年間では+10%超える値上がりとなっており、分配金利回りも2%を超えています。

ただ、取引量がほとんどなく流動性リスクが高い点がデメリットで、日中に下手に取引すると1%ほど不利な価格で約定してしまいます。

低リスクの外国債権ETFとして悪くない銘柄ですが、流動性リスクが高い点で★-1となります。

 

まとめ

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポールが運用する、「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」に連動するアジア債券ETFです。

「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」は、アジア8ヶ国(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)で発行される現地通貨建ての国債及び公債の動きを示す指数です。

【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドは、直近5年間では+10%超える値上がりとなっており、分配金利回りも2%を超えています。

東証に上場する唯一のアジア債券ETFとして悪くない銘柄ですが、取引量がほとんどなく流動性リスクが高い点がデメリットです。