商品先物ETFの【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託を解説!【ETF投資 2022年最新版】

今回は、【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託について解説していきます。

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託は、ウィズダムツリー・マネジメント・ジャージー・リミテッドが運用する、「Bloomberg Grains Subindex」に連動する商品先物ETFです。

なお、より詳しくは東証が公表しているETFパンフレットを参照ください。

https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/1688-j.pdf

また、原油などの商品先物ETFについては、こちらのページで解説しています。

原油などの商品先物価格に連動するコモディティーETF全17銘柄を徹底解説!【2020年最新版】
「原油や銅、小麦などの商品先物価格に連動するコモディティーETFには、どういう銘柄があるんだろう?」と、疑問に思っていませんか? ETF(上場投資信託)の中には、株式や国債に連動する銘柄だけではなく、商品先物価格に連動する銘柄もありま...

 

Bloomberg Grains Subindexとは

「Bloomberg Grains Subindex」は、穀物(とうもろこし、大豆、小麦)で構成される総合商品指数です

なお、商品はドル建て資産であり、商品ETFには分配金は出ません。

今回見ていく【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託の構成銘柄比率は次のようになっています(2022年3月4日時点)。

銘柄名構成比率
1とうもろこし42.87%
2大豆37.28%
3小麦19.84%
4
5

 

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託のETFデータ

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託

信託報酬(税込)0.49%
分配金0円(年0回)
分配金利回り0%
直近5年間の値動き+71.24%(395円→676.4円)
必要投資金額6,764円(10口)
上場日2010年3月19日
長期投資おすすめ度★★★★
流動性☆(取引が難しい最低レベル)

※各データは、2022年11月18日時点の値。

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託は、「Bloomberg Grains Subindex」に連動する商品先物ETFです。

2020年3月コロナショックまでは長期停滞していた銘柄でしたが、コロナショック以降から株価・出来高ともに上昇しています。

特に、ウクライナは世界的な穀倉地帯であることから2022年以降に穀物価格は大きく上がっており、円安ドル高が進んだことも価格上昇に寄与しました。

ただ、取引量がかつてよりは増えているとはいっても、流動性は最低レベルとなっている点には注意が必要です。

また、外国籍のETFであるため、外国証券取引口座の開設が必要になります。

 

まとめ

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託は、ウィズダムツリー・マネジメント・ジャージー・リミテッドが運用する、「Bloomberg Grains Subindex」に連動する商品先物ETFです。

「Bloomberg Grains Subindex」は、穀物(とうもろこし、大豆、小麦)で構成される総合商品指数です

【1688】WisdomTree 穀物上場投資信託は、2020年3月コロナショック以降から株価・出来高ともに上昇しており、2022年はウクライナ情勢による穀物価格の上昇に加えて、円安ドル高が進んだことも価格上昇に寄与しました。

穀物に投資したい場合にはおすすめの銘柄ですが、流動性は最低レベルとなっている点には注意が必要です。