iDeCoで運用できる国内債券投資信託について徹底比較!【2020年最新版】

「iDeCoでリスクヘッジのために国内債券投資信託をポートフォリオに組み込んでみたいけど、どの銘柄を選べば大丈夫なんだろう?」と、お困りではありませんか?

国内債券投信はローリスク・ローリターンのディフェンシブ銘柄で、iDeCo運用でリスクヘッジする際に有用な商品となっています。

今回は、iDeCoの手数料が無料となる13金融機関で扱っている国内債券投資信託について徹底比較していきます。

 

iDeCoで国内債券投資信託を運用するメリットとは?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、自分の手で老後資産を形成する私的年金制度です。

iDeCoは、①拠出金が全額所得控除される、②運用益が非課税となるため複利効果が大きくなる、③60歳以降に引き出すときに「退職所得控除」もしくは「公的年金等控除」の対象となるという3つの税制メリットがあります。

iDeCoでの運用には手数料が発生しますが、手数料が最安となる金融機関を選べば、月額171円(拠出しない月は66円)で済みます。

今回は、iDeCoの手数料が無料となる13金融機関(※)で扱っている国内債券投資信託について徹底比較していきます。
※SBI証券セレクトプラン、SBI証券オリジナルプラン、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券、野村證券、大和証券、イオン銀行、三井住友銀行みらいプロジェクトコース、みずほ銀行、第一生命保険、SOMPOアセットマネジメント。

国内債券投資信託は、日本国債で構成される投資信託です。

国内債券投信は、ローリスク・ローリターンのディフェンシブ銘柄で、iDeCo運用でリスクヘッジする際にポートフォリオに組み込まれます。

リスクヘッジ目的でポートフォリオに組み込むことを目的とした投資信託であるため、特に飛び抜けておすすめの銘柄があるわけではなく、各金融機関のiDeCoで用意されている国内債券投信に大きな差はありません。

ただ、国内債券投信の中には、リスクが大きい銘柄もあるため注意が必要になる場合もあります。

当サイトでは、iDeCoに国内債券投信を組み込む目的がリスクヘッジであることを踏まえて、信託報酬が低く、リスクが小さいインデックス型をおすすめします。

 

iDeCoで運用する国内債券投資信託の注目ポイント

iDeCoで国内債券投資信託を運用する際の注目ポイントについて抑えておきましょう。

※投資信託の「信託報酬」や「直近5年間の成績」については、日本経済新聞社の各投資信託ページに掲載されている2020年3月末時点のデータを参照しています。

 

・「運用タイプ」をチェック!

投資信託は、運用する方法によって「インデックス」と「アクティブ」に分けられます。

インデックスとは、日経平均株価やTOPIX、NYダウといった指数(インデックス)との連動を目指すファンドです。

アクティブは、ファンドが独自の観点で運用を行い、インデックスファンドよりも優れた成績を目指すファンドです。

インデックスファンドの方がリスク・リターンが低く、アクティブファンドはリスク・リターンが高いと認識しておきましょう。また、信託報酬もインデックスファンドの方が低くなる傾向があります。

 

・投資信託の手数料である「信託報酬」をチェック!

iDeCoでは掛け金の拠出時に発生する手数料に加えて、投資信託の運用においてもファンドに支払う手数料である「信託報酬」が発生してきます。信託報酬は年率で表示され、保有残高から日割り計算した金額が毎日差し引かれていきます。

信託報酬は投資信託ごとに異なりますが、言うまでもなく、信託報酬は低ければ低いに越したことはありません。

 

・「直近5年間の成績」をチェック!

投資信託の運用成績をはかる上では、「直近5年間の成績」(2020年3月末時点)をチェックしましょう。

なお、投資信託の運用成績は、個別株投資やETF投資とは異なり、分配金が再投資された上での成績となっています。つまり、「直近5年間の成績」は、直近5年間の値上がり益(キャピタルゲイン)と分配金(インカムゲイン)の合計です。また、投資信託の基準価額は信託報酬が控除されてからの値であるため、信託報酬も「直近5年間の成績」にしっかりと含まれています。

 

・iDeCoでその商品を扱っている「金融機関」をチェック!

iDeCoで扱っている商品は、金融機関ごとに異なります。

iDeCo口座は1人につき1つの金融機関にしか開設することができないため、自分自身の運用スタイルと扱っている商品を考えた上で慎重に選ぶようにしましょう。

 

iDeCoで運用できるインデックス型国内債券投資信託について徹底比較!

iDeCo手数料無料となる金融機関で扱っているインデックス型の国内債券投資信託について詳しく見ていきましょう。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス

三菱UFJ国際投信

運用タイプインデックス
信託報酬0.132%
直近5年間の成績+2.26%
金融機関SBI証券セレクトプラン

eMAXIS Slim 国内債券インデックスは、三菱UFJ国際投信が運用する、「NOMURA-BPI総合」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。SBI証券セレクトプランのiDeCoで取り扱っています。

「NOMURA-BPI総合」は、野村證券株式会社が公表している、国内で発行された公募利付債券の市場全体の動向を表す投資収益指数です。

信託報酬も低く、リスクヘッジ目的で問題なくポートフォリオに組み込める銘柄です。

 

三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)

三菱UFJ国際投信

運用タイプインデックス
信託報酬0.132%
直近5年間の成績+6.25%
金融機関SBI証券オリジナルプラン、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券

三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)は、三菱UFJ国際投信が運用する、「NOMURA-BPI総合」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。SBI証券オリジナルプラン、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券で取り扱っています。

信託報酬も低く、リスクヘッジ目的で問題なくポートフォリオに組み込むことができます。

 

たわらノーロード国内債券

アセットマネジメントOne

運用タイプインデックス
信託報酬0.154%
直近5年間の成績+4.66%
金融機関楽天証券、イオン銀行、みずほ銀行

たわらノーロード国内債券は、アセットマネジメントOneが運用する、「NOMURA-BPI総合」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。楽天証券、イオン銀行、みずほ銀行のiDeCoで取り扱っています。

リスクヘッジ目的で、問題なくポートフォリオに組み込める銘柄です。ただ、信託報酬は他のインデックス型の国内債券投信と比べてやや高くなっています。

 

野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合

野村アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.132%
直近5年間の成績+6.10%
金融機関野村證券

野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合は、野村アセットマネジメントが運用する、「NOMURA-BPI総合(NOMURA-ボンド・パフォーマンス・インデックス総合)」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。野村證券のiDeCoで取り扱っています。

信託報酬も低く、リスクヘッジ目的で問題なくポートフォリオに組み込むことができる銘柄です。

 

DCダイワ日本債券インデックス

大和アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.495%
直近5年間の成績+5.50%
金融機関大和証券

DCダイワ日本債券インデックスは、大和アセットマネジメントが運用する、「ダイワ・ボンド・インデックス(DBI)総合指数」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。大和証券のiDeCoで取り扱っています。

「ダイワ・ボンド・インデックス(DBI)総合指数」は、日本で発行されている公募の確定利付き円建債の値動きを表す時価総額加重平均型の債券指数です。

債券投信としては信託報酬が高く、おすすめできません。

 

ダイワつみたてインデックス日本債券

大和アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.132%
直近5年間の成績+1.94%
金融機関大和証券

ダイワつみたてインデックス日本債券は、大和アセットマネジメントが運用する、「NOMURA-BPI総合」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。

大和証券のiDeCoで国内債券を運用するなら、必ずこちらの銘柄にしましょう。

なお、「DCダイワ日本債券インデックス」に比べて成績がやや低くなっていますが、こちらの銘柄は運用開始が2018年8月16日からと約1年半での成績となっているためです。

 

DC日本債券インデックス・オープンS

三井住友トラスト・アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.176%
直近5年間の成績+5.99%
金融機関第一生命保険

DC日本債券インデックス・オープンSは、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用する、「NOMURA-BPI総合」に連動するインデックス型の国内債券投資信託です。第一生命保険のiDeCoで取り扱っています。

やや信託報酬は高いものの、リスクヘッジ目的で問題なくポートフォリオに組み込むことができます。

 

iDeCoで運用できるインデックス型国内債券投資信託比較一覧表

国内債券投資信託運用タイプ信託報酬直近5年間の成績金融機関
eMAXIS Slim 国内債券インデックスインデックス0.132%+2.26%SBI証券セレクトプラン
三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)インデックス0.132%+6.25%SBI証券オリジナルプラン、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券
たわらノーロード国内債券インデックス0.154%+4.66%楽天証券、イオン銀行、みずほ銀行
野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合インデックス0.132%+6.10%野村證券
DCダイワ日本債券インデックスインデックス0.495%+5.50%大和証券
ダイワつみたてインデックス日本債券インデックス0.132%+1.94%大和証券
DC日本債券インデックス・オープンSインデックス0.176%+5.99%第一生命保険

 

iDeCoで運用できるアクティブ型国内債券投資信託について徹底比較!

iDeCo手数料無料となる金融機関で扱っているアクティブ型の国内債券投資信託について詳しく見ていきましょう。

明治安田DC日本債券オープン

明治安田アセットマネジメント

運用タイプアクティブ
信託報酬0.66%
直近5年間の成績+7.37%
金融機関楽天証券

明治安田DC日本債券オープンは、明治安田アセットマネジメントが運用する、アクティブ型の国内債券投資信託です。楽天証券のiDeCoで取り扱っています。

国内の公社債へ分散投資し、「NOMURA-BPI総合」を上回る投資成果を目指すファンドです。

直近5年間ではプラスとなっており、「NOMURA-BPI総合」に連動する国内債券投資信託よりも優れた成績となっています。

ただ、そもそもリスク重視であることがメリットの債券投資信託で、信託報酬が高く、リスクもやや高くなるアクティブ型を選ぶことは矛盾していると言えなくもありません。

 

DLIBJ公社債オープン(中期コース)

アセットマネジメントOne

運用タイプアクティブ
信託報酬0.715%
直近5年間の成績+6.19%
金融機関第一生命保険

DLIBJ公社債オープン(中期コース)は、アセットマネジメントOneが運用する、アクティブ型の国内債券投資信託です。第一生命保険のiDeCoで取り扱っています。

BBB-格以上の国内の公社債を中心に投資するファンドです。

信託報酬は高いものの、インデックス型の国内債券投信よりも高い成績となっています。

 

損保ジャパン日本債券ファンド

運用タイプアクティブ
信託報酬0.605%
直近5年間の成績+6.17%
金融機関SOMPOアセットマネジメント

損保ジャパン日本債券ファンドは、SOMPOアセットマネジメントが運用する、アクティブ型の国内債券投資信託です。SOMPOアセットマネジメントのiDeCoで取り扱っています。

日本の公社債(国債・地方債・政府保証債・金融債・事業債、サムライ債(円建外債)など)に投資するファンドです。

SOMPOアセットマネジメントのiDeCoではインデックス型国内債券投信は扱っていないため、国内債券をポートフォリオに組み込むとしたら、この銘柄しかありません。

 

DCダイワ物価連動国債ファンド

大和アセットマネジメント

運用タイプアクティブ
信託報酬0.44%
直近5年間の成績-6.98%
金融機関SOMPOアセットマネジメント

DCダイワ物価連動国債ファンドは、大和アセットマネジメントが運用する、アクティブ型の国内債券投資信託です。SOMPOアセットマネジメントのiDeCoで取り扱っています。

国内の物価連動国債を中心とする国債に投資するファンドです。

直近5年間ではマイナスとなっています。リスク低減という国内債券投信の役目は果たせていません。

 

iDeCoで運用できるアクティブ型国内債券投資信託比較一覧表

国内債券投資信託運用タイプ信託報酬直近5年間の成績金融機関
明治安田DC日本債券オープンアクティブ0.66%+7.37%楽天証券
DLIBJ公社債オープン(中期コース)アクティブ0.715%+6.19%第一生命保険
損保ジャパン日本債券ファンドアクティブ0.605%+6.17%SOMPOアセットマネジメント
DCダイワ物価連動国債ファンドアクティブ0.44%-6.98%SOMPOアセットマネジメント

 

結論:iDeCoでおすすめの国内債券投資信託とおすすめの金融機関!

最後に、iDeCoで運用できる国内債券投資信託でおすすめの銘柄と金融機関についてまとめていきましょう。

国内債券投信は、リスクヘッジ目的でポートフォリオに組み込むことがiDeCo運用での主目的となります。この観点からすると、信託報酬が低くリスクも低いインデックス型がおすすめです。

各金融機関のiDeCoで用意されているインデックス型の国内債券投信に大きな差はありません。金融機関ごとにリスクヘッジ目的で組み込めるインデックス型の国内債券投信は次のようになります。
・「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」(SBI証券セレクトプラン)
・「三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)」(SBI証券オリジナルプラン、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券)
・「たわらノーロード国内債券」(楽天証券、イオン銀行、みずほ銀行)
・「野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合」(野村證券)
・「ダイワつみたてインデックス日本債券」(大和証券)
・「DC日本債券インデックス・オープンS」(第一生命保険)

なお、iDeCo手数料無料の金融機関の中では、三井住友銀行みらいプロジェクトコースは国内債券投信を取り扱っておらず、SOMPOアセットマネジメントではアクティブ型しか取り扱っていません。

楽天証券、第一生命保険、SOMPOアセットマネジメントのiDeCoではアクティブ型の国内債券投信を取り扱っています。インデックス型の国内債券投信よりも運用成績がよい銘柄もありますが、iDeCoに国内債券投信を組み込む目的がリスクヘッジであることを考えると、信託報酬が高くリスクがやや高いアクティブ型はあまりおすすめできません。