つみたてNISAで運用できる新興国株式投信全12銘柄について徹底比較!【2020年最新版】

「つみたてNISAで、新興国株投信に投資してみたいけど、どの銘柄にすればいいんだろう?」と、お困りではありませんか?

新興国株投信は、投資信託の中でもハイリスク・ハイリターンですが、つみたてNISAの範囲内でならリスクを取ってチャレンジしてみるのも悪くありません。

今回は、つみたてNISAの対象となっている新興国株式投信全12銘柄について徹底解説した上で、おすすめの銘柄を紹介していきます。

 

つみたてNISAで新興国株式投信を運用するメリットとは?

つみたてNISAは、2018年1月から始まった、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

つみたてNISAの非課税投資枠は毎年40万円、2018年から2037年までの20年間で最大800万円となっています。
※2018年から2037年まで毎年積み立てた場合に非課税枠が最大800万円になるということであり、2020年から始めた場合には2037年までの18年間で最大720万円となります。また、投資信託の購入から20年間が非課税期間となります(2037年に購入した投資信託は2056年まで非課税)。

今回は、つみたてNISAの対象となっている新興国株式投信全12銘柄について徹底解説した上で、おすすめの銘柄を紹介していきます。

新興国株式投信は、中国やインド、ブラジル、ロシアといった新興国株で構成される投資信託です。

新興国株投信は、大きなリターンを期待できる可能性がある反面、大きなリスクを抱えるハイリスク・ハイリターンの投資信託です。

ただ、つみたてNISAで指定されている新興国株投信はいずれもリスクが限定されているインデックスファンドであるため、そこまで言うほど大きなリスクがあるわけでもありません。

年40万円までに限定されているつみたてNISAの範囲内でなら、新興国株投信にチャレンジしてみるのも悪くないでしょう。

 

つみたてNISAで運用できる新興国株式投信の注目ポイント

つみたてNISAの対象となっている新興国株式投信の注目ポイントについて抑えておきましょう。

※つみたてNISAの対象商品は金融庁の「つみたてNISAの対象商品」を参照しています。また、投資信託の「信託報酬」や「直近5年間の成績」については、日本経済新聞社の各投資信託ページに掲載されている2020年6月末時点のデータを参照しています。

 

・「運用タイプ」をチェック!

投資信託は、運用する方法によって「インデックス」と「アクティブ」に分けられます。

インデックスとは、日経平均株価やTOPIX、NYダウといった指数(インデックス)との連動を目指すファンドです。

アクティブは、ファンドが独自の観点で運用を行い、インデックスファンドよりも優れた成績を目指すファンドです。

インデックスファンドの方がリスク・リターンが低く、アクティブファンドはリスク・リターンが高いと認識しておきましょう。また、信託報酬もインデックスファンドの方が低くなる傾向があります。

つみたてNISAで指定されている新興国株式投信は、いずれの銘柄もインデックスファンドとなっています。

 

・投資信託の手数料である「信託報酬」をチェック!

つみたてNISAの取引手数料は、多くの金融機関で無料となっています。

ただ、投資信託を運用する際には、ファンドに支払う手数料である「信託報酬」が発生してきます。信託報酬は年率で表示され、保有残高から日割り計算した金額が毎日差し引かれていきます。

信託報酬は投資信託ごとに異なりますが、言うまでもなく、信託報酬は低ければ低いに越したことはありません。

 

・「直近5年間の成績」をチェック!

投資信託の運用成績をはかる上では、「直近5年間の成績」(2020年6月末時点)をチェックしましょう。

なお、投資信託の運用成績は、個別株投資やETF投資とは異なり、分配金が再投資された上での成績となっています。つまり、「直近5年間の成績」は、直近5年間の値上がり益(キャピタルゲイン)と分配金(インカムゲイン)の合計です。また、投資信託の基準価額は信託報酬が控除されてからの値であるため、信託報酬も「直近5年間の成績」にしっかりと含まれています。

 

つみたてNISAで運用できる新興国株式投信全12銘柄について徹底比較!

つみたてNISAの対象となっている新興国株式投信全12銘柄について詳しく見ていきましょう。

たわらノーロード 新興国株式

アセットマネジメントOne

運用タイプインデックス
信託報酬0.374%
直近5年間の成績+23.10%

たわらノーロード 新興国株式は、アセットマネジメントOneが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

「MSCI Emerging Markets Index」は、新興国株式の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均して指数化したものです。国別配分比率上位は、新興国(17.20%)、ケイマン諸島(16.30%)、中国(14.54%)、韓国(12.22%)、台湾(11.81%)となっています。

新興国株投信の中では信託報酬がやや高めとなっています。

他の銘柄と比べると成績が非常に良くなっていますが、これは中国株安となっていた2016年3月14日からの運用開始であるためです。直近3年間では-2.95%となっています。

 

<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド

ニッセイアセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.2079%
直近5年間の成績-12.05%

<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドは、ニッセイアセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬は低く、新興国株投信の中ではおすすめの銘柄です。

なお、運用開始日は2017年10月13日からとなっています。

 

野村インデックスファンド・新興国株式

野村アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.66%
直近5年間の成績-1.07%

野村インデックスファンド・新興国株式は、野村アセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬が高く、おすすめできません。また、5年間の運用成績はマイナスとなっています。

 

三井住友・DC新興国株式インデックスファンド

三井住友DSアセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.374%
直近5年間の成績-3.17%

三井住友・DC新興国株式インデックスファンドは、三井住友DSアセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬がやや高めであるため、他の銘柄をおすすめします。また、5年間の運用成績はマイナスとなっています。

 

i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)

三井住友トラスト・アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.363%
直近5年間の成績-15.41%

i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)は、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬がやや高めであり、おすすめできません。

なお、運用開始日は2018年1月12日からとなっています。

 

SMT 新興国株式インデックス・オープン

三井住友トラスト・アセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.66%
直近5年間の成績-0.48%

SMT 新興国株式インデックス・オープンは、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬が高く、おすすめできません。また、5年間の運用成績はマイナスとなっています。

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

三菱UFJ国際投信

運用タイプインデックス
信託報酬0.2079%
直近5年間の成績-4.67%

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、三菱UFJ国際投信が運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬は低く、新興国株投信の中ではおすすめの銘柄です。

成績はマイナスとなっていますが、運用開始日は2017年7月31日からとなっています。

 

eMAXIS 新興国株式インデックス

三菱UFJ国際投信

運用タイプインデックス
信託報酬0.66%
直近5年間の成績-1.06%

eMAXIS 新興国株式インデックスは、三菱UFJ国際投信が運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬が高いため、おすすめできません。また、5年間の運用成績はマイナスとなっています。

 

つみたて新興国株式

三菱UFJ国際投信

運用タイプインデックス
信託報酬0.374%
直近5年間の成績-3.07%

つみたて新興国株式は、三菱UFJ国際投信が運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬がやや高めであるため、おすすめできません。

 

Smart-i 新興国株式インデックス

りそなアセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.374%
直近5年間の成績-6.83%

Smart-i 新興国株式インデックスは、りそなアセットマネジメントが運用する、「MSCI Emerging Markets Index」に連動する新興国株投信です。

信託報酬がやや高めであるため、おすすめできません。

運用開始日が2017年8月29日からと3年弱ですが、マイナス幅も大きくなっています。

 

SBI・新興国株式インデックス・ファンド

SBIアセットマネジメント

運用タイプインデックス
信託報酬0.196%
直近5年間の成績-6.59%

SBI・新興国株式インデックス・ファンドは、SBIアセットマネジメントが運用する、「FTSE Emerging Index」に連動する新興国株投信です。

「FTSE Emerging Index」は、FTSE社が提供する新興国株指数です。国別配分比率上位は、中国(37.25%)、台湾(13.01%)、その他の国・地域(11.99%)、インド(10.32%)、ブラジル(8.89%)となっています。

新興国株投信の中では信託報酬が低めであるため、おすすめの銘柄です。

なお、運用開始日は2017年12月6日からとなっています。

 

iFree 新興国株式インデックス

大和証券投資信託委託

運用タイプインデックス
信託報酬0.374%
直近5年間の成績+12.00%

iFree 新興国株式インデックスは、大和証券投資信託委託が運用する、「FTSE RAFI Emerging Index」に連動する新興国株投信です。

「FTSE RAFI Emerging Index」は、十分な流動性・時価総額・浮動株基準を満たした新興国株の中から、株主資本・キャッシュフロー・売上・配当の4つのファンダメンタルに基づいて選出・構成される新興国株指数です。国別配分比率上位は、中国(29.33%)、ブラジル(12.21%)、台湾(10.91%)、アメリカ(10.91%)、ロシア(9.01%)となっています。

信託報酬が高めですが、成績はプラスとなっています。

ただ、直近3年間では-7.78%となっており、運用開始日が株安となっていた2016年9月8日からである点が作用している点が大きいことは否めません。

 

つみたてNISAで運用できる新興国株式投信の比較一覧表

新興国株式投信運用タイプ信託報酬直近5年間の成績
たわらノーロード 新興国株式インデックス0.374%+23.10%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドインデックス0.2079%-12.05%
野村インデックスファンド・新興国株式インデックス0.66%-1.07%
三井住友・DC新興国株式インデックスファンドインデックス0.374%-3.17%
i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)インデックス0.363%-15.41%
SMT 新興国株式インデックス・オープンインデックス0.66%-0.48%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックスインデックス0.2079%-4.67%
eMAXIS 新興国株式インデックスインデックス0.66%-1.06%
つみたて新興国株式インデックス0.374%-3.07%
Smart-i 新興国株式インデックスインデックス0.374%-6.83%
SBI・新興国株式インデックス・ファンドインデックス0.196%-6.59%
iFree 新興国株式インデックスインデックス0.374%+12.00%

 

結論:つみたてNISAで運用できる新興国株式投信でおすすめの銘柄!

最後に、つみたてNISAで運用できる新興国株式投信について、おすすめの銘柄をまとめていきましょう。

新興国株投信はハイリスク・ハイリターン銘柄とされていますが、実際の所は、複数の新興国株が一様に上昇することはほとんどありません。このため、新興国株指数が大きなリターンをもたらすことはほとんどないということが実態です。

例えば、BRICsについて直近5年間の株価を見てみると、中国株は大きく上がっており、ロシア株はほぼ横ばい(ただ、ロシア株は配当が優れているため長期投資していればプラスです)、インド株とブラジル株は大きく下げています。

新興国株指数に連動する新興国株投信にはこのような性質があるため、新興国株投信へのインデックス投資はあまりおすすめできません。

現に、つみたてNISAで取り扱っている新興国株投信は、ほぼ全ての銘柄が直近でマイナスとなっています。プラスとなっている銘柄は、偶然にも運用開始時期が株安の時期と重なっていたためです。

このため、当サイトでは、つみたてNISAにおいて新興国株投信を運用することは推奨しません。